前へ
次へ

離婚裁判を早く終わらせるにはどうするか

現在裁判員制度があり一般の人でも裁判に参加する機会があります。これまでも傍聴に関しては誰でも行うことができましたが、一般の人が裁判に関わるとなるとあまりないかも知れません。裁判の経験のない人がいざ訴えられて裁判をしなければいけないとき、逆に訴えて裁判を起こそうとするときは将来のことも考える必要があります。裁判の中には裁判所に一回行くだけで終わるものもあれば、何度も行く必要があって決着するまで何年もかかることもあります。比較的身近な裁判として離婚裁判があり結婚をしている人であれば行う可能性があります。かといって離婚する人たちの中でもかなり少ない割合なので全く関係のない人もいるでしょう。十分協議をしても折り合わず、調停案にも納得できないときには原告として訴えて離婚裁判での決着を試みます。では通常どれくらいの期間がかかるかですが1年から2年ぐらいはかかると考えた方がいいとされます。一回行ってすぐに決着するわけではありません。裁判の流れは結構ゆっくりで、裁判所に行く頻度としては1か月に一回程度です。つまりは少なくとも10回ぐらいは裁判所でいろいろな話をしたりしてやっと判決が出されます。なぜ時間がかかるかと言えば裁判になるくらいの場合一定のもめごとがあり答弁の回数が多くなるからでしょう。相手の答弁に対して反論をする答弁を行うことが続くとなかなか終わることはできません。一方で反論をしなければ早く終わることもあります。裁判を早く終わらせる方法としては相手に反論をさせないことでしょう。浮気が原因であれば不貞行為をしている証拠を提出するのが一番手っ取り早く、裁判所としても有力な情報として原告側に有利な判決をしようとしてくれます。あまりにもはっきりした証拠があるときに反論を続けると余計印象が悪くなるので、被告側も反論せずに受け入れてくれます。一方親権の争いとなると証拠が出にくいので互いに反論しあうことになり長引く可能性があります。

初めての方も安心!わかりやすくサービス紹介してます

自分好みのデザインのオリジナルのスマホケースを簡単に作れます
専用ソフトがなくてもデザインシュミレーターで簡単に自分好みのオリジナルデザインのスマホケースを制作できます。

セミナーで学ぶ話し方
言いたいことを整理して伝えられるようになりますよ

お客様とのコミュニケーションを大事にしています

カーテンレール 取り付け 業者

Page Top